日本では日産や三菱の電気自動車がダチアスプリングより安い

Au Japon, des voitures électriques Nissan et Mitsubishi moins chères que la Dacia Spring

現在、フランス市場で最も安い電気自動車はダチア スプリングです。 19,800 ユーロから提供され、エコロジカル ボーナスを差し引くと、少なくとも 14,454 ユーロの費用がかかります。 この価格で、容量 27.4 kWh のバッテリーのおかげで、ホモロゲーション フォームに従って混合使用で 230 km をカバーできる小型の 44 馬力のシティカーを手に入れることができます。 タイトな価格ですが、優れた装備を備えた 13,100 ユーロで取引される、より効率的で、より快適で、より広々としたサンデロのシティカーよりも高い価格です。 日本では今、このダチアスプリングよりも安い電気自動車があります。

これは、三菱EK X EVのほぼ双子の姉妹である日産サクラです。
これは、三菱EK X EVのほぼ双子の姉妹である日産サクラです。

三菱自動車と日産自動車は、軽自動車の規制に適合する 2 台の新車を発表しました。これは、法的に 64 馬力を超えてはならない通常の 660 cm3 の小型熱機関の代わりに、初めて 100% 電動パワートレインを搭載したものです。 Nissan Sakura と Mitsubishi eK X EV は、同じ基本的な技術部品を共有する 2 つのいとこであり、このカテゴリの基準に準拠するために長さ 3.4 メートル、幅 1.48 メートルしかなく、多くの優遇税の恩恵を受けることができます。 国の補助金を受け取った後、これらの新しい小型電気自動車は、初心者レベルでわずか 17,000 ユーロ強で販売され、わずか 178 万円、つまり約 13,000 ユーロでした。 Les Echos の同僚は、政府の援助に加えて地方自治体の援助を追加して、すべての援助を差し引いて 10,000 ユーロとさえ話しています。 ボーナス後は、ダチア スプリングよりもほぼ 50% 安くなります!

内装はダチアスプリングに比べてだまされません。
内装はダチアスプリングに比べてだまされません。

とんでもないパフォーマンス

当社のダチア スプリングと比較すると、宣伝されているパフォーマンスはばかげているとは言えません。 この 2 台の日本人は、20 kWh のバッテリーのおかげで、最大出力 63 馬力、トルク 195 Nm、最大自律走行距離 180 km (当社の WLTP システムとは異なる基準による) を主張しています。 Sakura と eK XEV は、急速充電器で 40 分、通常のソケットで 8 時間で 80% まで充電できます。 それらはダチアよりも小さい (3.7 メートルに対して長さ 3.4 メートル) が、そのミニスペース シルエットは興味深い居住性を約束します。 ダッシュボードには最新のテクノロジーも表示されます。 要するに、完璧なエントリーレベルの電気自動車です。 では、このような新しい種類の軽自動車が市場に必要なのだろうか?

#日本では日産や三菱の電気自動車がダチアスプリングより安い

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *