パウエルの演説前にヨーロッパで新たな上昇が見られる

パウエルの演説前にヨーロッパで新たな上昇が見られる

主要なヨーロッパの証券取引所がオープニングに表示されます

主要なヨーロッパの証券取引所がオープニングに表示されます

クロード・チェンジュー

[パリ 23日 ロイター] – 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長がジャクソンホールのシンポジウムで演説を行うのを前に、欧州の主要株式市場は金曜日の取引開始時に上昇していることが示されている。経済状況に対する懸念の文脈における金利。

インデックスの先物契約は、フランクフルトのダックスと同様に、パリの CAC 40 で 0.37% の上昇を示唆しています。 ロンドンの FTSE 100 は 0.26% 上昇すると予想され、EuroStoxx 50 は始値で 0.41% 上昇する可能性があります。

連邦準備制度理事会のラファエル・ボスティック氏は木曜日、米国では不況が常​​に恐れられている中、3月以来信用コストが225ポイント上昇した後、9月に米国の中央銀行の金利が50ベーシスポイントまたは75ベーシスポイント上昇したことについて意見が分かれたと述べた。州。

しかし、第 2 四半期の米国の国内総生産 (GDP) の 2 番目の推定値は、当初の予想よりもわずかに小さい収縮を示しました (最初の推定値の -0.9% に対して、年率換算で -0.6%)。

投資家は、年次中央銀行会議で 14:00 GMT に予定されている Jerome Powell の演説に注目して、景気後退が米国中央銀行の戦略を変える可能性があるかどうかを判断するだろう、とアナリストは言う。

その間、投資家はリスクテイクを選択しているようで、特に主要なテクノロジー株は引き続き割安で購入していますが、それでも金利上昇に敏感です。

ユニオンバンクの株式ストラテジスト、トッド・ローウェンスタイン氏は「市場は現在、問題があればFRBが助けに来るという一種の希望的観測にある。 しかし、彼は、米国の中央銀行がインフレとの闘いにおいて決定的であると信じています。

アットウォールストリート

ニューヨーク証券取引所は、ジェローム・パウエルの演説に先立って債券利回りが低下する中、テクノロジー株に牽引されて、木曜日に値を上げて取引を終えた。

ダウ工業株平均は 0.98% 上昇して 33,291.78 ポイント、より広範な S&P-500 は 1.41% 上昇して 4,199.12 ポイント、ナスダック総合は 1.67% 上昇して 12,639.27 ポイントとなりました。

アジアで

東京証券取引所は金曜日、ウォール街とテクノロジー株の上昇を受けて値を上げて取引を終えた。 日経平均株価は0.57%高の28,641.38ポイント、TOPIXは0.14%高の1,979.34ポイントでした。

中国では、上海 SSE 総合が 0.14% 上昇し、CSI 300 が 0.08% 上昇しました。ウォール ストリート ジャーナルの報道によると、ワシントンと北京が、米国当局の規制当局が監査記録を確認するために香港に出張することを許可する合意に近づきつつあるというウォール ストリート ジャーナルのレポートに後押しされています。ウォール街に上場している中国企業の数。

香港のハンセン指数は 0.49% 上昇し、ソウル証券取引所は 0.15% 上昇しました。

レート

10年物米国債利回りはわずかに上昇して3.0425%、2年物利回りは3.3803%に達した.

ユーロ圏のベンチマークである 10 年物ドイツ国債の利回りは、金曜日に 1.323% で表示され、木曜日の終値から実質的に変化がありませんでした。

変更点

米ドルは、ベンチマーク通貨のバスケットに対して 0.11% とわずかに上昇しましたが、オーストラリア ドルやニュージーランド ドルなどのコモディティにさらされている通貨は、前日の強い反発の後、それぞれ 0.3% と 0.0% 下落しました。

ユーロは 0.11% 下落し、0.9963 ドルで取引されており、月曜日以降、アメリカの通貨との平価を永久に超えることはできません。

英国のエネルギー部門の規制当局である Ofgem が 10 月から消費者向けのエネルギー価格の上限を 80% 引き上げると発表したため、ポンドは 0.27% 下落して 1.1806 ドルになり、年間の家計費は平均 3,549 ポンド (4,203 ユーロ) になりました。

米国で持続的な金融引き締めが原油需要に影響を与え、回復の一環としてイランの輸出が回復する可能性があるとの期待に反応して、前日に約2ドル下落した後、金曜日に原油価格が再び上昇している.その核計画。 ただし、ジェローム・パウエルの演説までの間、利益は限られています。

ブレントは 1.01% 上昇して 1 バレル 100.34 ドルになり、米国の軽質原油 (West Texas Intermediate、WTI) は 1.09% 上昇して 1 バレル 93.53 ドルになりました。

(クロード・チェンジュー著、ケイト・エントリンガー編集)

#パウエルの演説前にヨーロッパで新たな上昇が見られる

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *