「差別を避ける」ために、サナスは従業員に人工知能を使用してアクセントを隠すように勧めています。 不穏な練習。 シリコン バレーでは、若い会社サナスがアクセントを「西洋化」することを目的とした人工知能を開発したと、8 月 25 日木曜日に英国の日刊紙が報じています。 保護者. 同社の現在のボスであるマーティ・マシー・サリム氏によると、このデバイスは特に、従業員が顧客からの軽視の犠牲になっているアフリカやアジアのコールセンターを対象としています。 当面の間、人工知能はアメリカ人の声に固定されているため、英語のみを話します. その目的は、アクセントを滑らかにして隠すことです。 効果は即座に現れ、通話中の人には「検出不能」です。 思いのままに使える Sanas によると、同社のシステムは、フィリピンとインドで […]