2022 年 8 月 25 日、カリフォルニア州ロサンゼルスにて。 パトリック・T・ファロン/AFP 米国でエネルギー移行の取り組みの最前線にあると考えられているカリフォルニア州は、8 月 25 日木曜日、遅くとも 2035 年までに新しい車両が汚染ガスを排出しないようにする法律を採択しました。 「私たちの道路や高速道路でゼロエミッション車の数を急速に加速させることで、すべてのカリフォルニア市民の排出量と汚染を劇的に削減できます。」、この措置を承認したカリフォルニア州大気質委員会(カリフォルニア州大気資源局、CARB)の会長、リアン・ランドルフ氏はプレスリリースで述べた。 2035年から新しいディーゼル車またはガソリン車の販売を事実上禁止するこの条文は、2020年9月に州の民主党知事であるギャビン・ニューサムによって設定された目標を正式なものにしています。 […]